設備

1分間65枚コピー機導入

1分間65枚コピー機導入

 紙媒体での保存資料が少なくなっては行っているのですが、どうしても紙で保存が必要な資料はあります。
 当事務所においては、印刷についてはレーザープリンタで打ち出した方がトータル的にコストが安いと判断し、カウンター料金制のコピー機でパソコンからの印刷はしてませんでしたが、コピー業界の競争の流れなのか、コピー機本体・保守料・カウンター料金の低価格化により、レーザープリンタのコストより安くなっており、前の感覚で言うと手が出せなかった高速印刷機を購入しました。
 入れ替えたコピー機は1分辺り30枚なのですが、購入した機械は、なんと1分辺り65枚です、更に両面印刷については、一度に両面読み取ります。
 この機械でなんと約80万円です、高速印刷に特化してこの金額なので、モノクロ専用機ですが充分です。

 これを書いてまして、冷静になると何枚打ち出すかによりますが、一枚当たり印刷のランニングコストはコピー機の方が安いのですが・・・
 コピー機80万円を印刷延べ枚数(予定)で一枚辺りを割り返して積算してませんでした・・・
 倍以上のスピードの時間を踏まえると経済的合理性があるということで、深く追求しません。

 余談ですが、法人契約はクーリングオフ制度がないので、コピー機の契約は慎重に検討する必要があります。
 今でこそ少なくなりましたが、ハイスペックな高額コピー機をリース契約で購入し、後悔されている方もいます、慎重にご検討を!