民法

相続人全員の同意がなくても預貯金を払い戻せる!

 令和元年7月1日施行の民法改正で、遺産分割完了前でも、一定の方法で相続人全員の同意がなくても預貯金が払い戻せるようになりました。

 但し、一金融機関の上限150万円です。

 ある金融機関の一つの預貯金口座に1,000万円あり、法定相続人が兄弟2人の場合に一人が払い戻せる算式は、

1,000万円×1/3(払戻限度割合)×1/2(法定相続分)=166万円>150万円 となり、150万円が払い戻せる金額となります。

 法定相続人の人数によりますが、一金融機関の上限となっていますので、考えようによっては、被相続人が1億円を1金融機関に預けている場合と、10金融機関に預けている場合とで、払い戻せる金額が、150万円か1,500万円かで大違いですので検討が必要な方もいると思われます。

 方法としてもう一つ、家庭裁判所に法定相続分の仮払いを請求する方法があるようですが、雰囲気的に手続きに手間がかかりそうなので、あまり活用されないのではないかと思われます。